Angelfish お試し方法

アクセスログ解析ソフト Angelfish のお試し方法を説明させて頂きます。
Angelfishは、デモライセンスの試用期間が1カ月ございますので、下記のシステム要件およびお試し手順を参考にぜひお試しください。
英語版となっておりますので、何かご不明な点などございましたら無償でサポートできる範囲で対応させて頂きます。

※Windows版のインストール資料を参考にください!

Angelfish インストール資料(Winodws編) 

システム要件

Angelfishは Linux や Windows 上で動作し、自己完結型のアプリケーションですので、データベースソフトや
サードパーティアプリケーション
を必要としません。


Angelfishをインストールしていただくマシンの環境については以下をご確認ください。



サポートOS

 ・Windows (64-bit)

  Server 2008 R2, Server 2012, Windows 7, Windows 8, Windows 10.

 ・Linux (64-bit) 

  最近の2.6または3カーネルのバージョン、Ubuntu 10/14, CentOS 6/7, RHEL 6/7, Fedora.



ハードウェア要件

Angelfishは利用可能な最高のハードウェアを使用することにより、最高のパフォーマンスが得られます。
高トラフィック環境では、高速なCPU&高速なディスクI / Oの恩恵を受けることができます。


下記は最低動作要件です

 ・複数のプロセッサコア(4+推奨)

 ・4ギガバイトのRAM

 ・50ギガバイトのストレージ、必要に応じて増加する

   (レポートデータは、プロファイルごとに、生ログファイルのサイズの5~8パーセントを必要とします)



ハードウェアの推奨事項(参考)

基本レベルでは、 Angelfishは、より良いハードウェアリソースの恩恵を受けるデータベースアプリケーションです。
古いハードウェアにAngelfishをインストールすると、アプリケーションは適切に動作しますが、遅くなることがあります。


下記は最低動作要件です。

 ・ディスクI / O

  通常、最初に遭遇するボトルネックはディスクI / Oです。

  Angelfishのアプリケーションファイルとデータディレクトリを高速アクセスディスクに保存することをお勧めします。

  私たちのテストでは、SSDストレージで入出力競合がほとんどなくなっていることがわかりました。

 ・CPU

  Angelfishインスタンスには最低4つのCPUコアを推奨し、レポートデータ/プロファイル/ユーザーの多い大規模な環境では

  8つ以上のコアを利用できます。

  Angelfishは、アクティブな処理ジョブごとに2つのCPUコアを使用し、個々のAPIリクエストは1つ以上のコアを使用します。

  また、より速いクロック速度とより大きなCPUキャッシュにより、より優れたパフォーマンスが得られます。

 ・RAM

  アクティブなデータ処理ジョブおよびAPI要求はRAMを使用し、OSがページファイルを使用しないように十分なRAMを確保します。

  ご使用の環境に応じて、最低4 GB(8 GB以上)を推奨します。



ブラウザのサポート

Angelfishは現在、次のブラウザをサポートしています。

 ・Google Chrome

 ・Mozilla Firefox

 ・Microsoft Internet Explorer 9 以上

 ・Microsoft Internet Explorer 8(Angelfishチャート&グラフをロードしません)

 ・•Safari , Opera

Angelfish お試し方法!

① ダウンロード

Angelfish サイトからダウンロードをお申込みください。

64ビットのWindowsかLinuxを選択できます。

https://analytics.angelfishstats.com/trial/


ダウンロード時に入力したメールアドレスにServer ID が送られてきまして、インストールやサポート時に必要となります。

※30日間の試用期間となります。




② インストール

Windowsは下記サイトを参照してインストールしてください。
https://support.angelfishstats.com/entries/25387286-Installation-Instructions-Windows-

Linuxは下記サイトを参照してインストールしてください。
https://support.angelfishstats.com/entries/22599446-Installation-Instructions-Linux-



★留意点

 Angelfishをインストールすると、レポート閲覧および管理用のWebサーバがインストールされます。

 このサーバが使用するポート番号は、デフォルトで9000となっていますが、インストール後に変更することができます。

 既に、サーバプログラムがインストールされている場合でも、他のプロセスとポート番号が重複しない限り正常に動作します。



③ デモライセンスの登録

インターネット接続されているマシンより、表示されたURLを使用してAngelfishにアクセスしてください。

  例)http://192.123.12.34:9000/

Server IDを入力して、EULA に同意してActevate ボタンをクリックしてください。


Angelfishサーバがインターネットに接続されてない場合は、マニュアルライセンスをリクエストしてください。

マニュアルライセンスがメールで送付されましたら、License コピー&ペーストし Activate ボタンをクリックしてください。




④ 管理画面で設定

管理画面からプロファイルやデータソースを作成します。
下記サイトを参照してください。
https://support.angelfishstats.com/entries/28231646-Create-a-Profile


英語版となっておりますので、何かご不明な点などございましたら無償でサポートできる範囲で対応させて頂きます。

またはアクセスログをご提供頂けるようでしたら、弊社のサンプル解析サービスをお申込みください。




⑤ テスト解析

管理画面から必要情報を設定しましたら、テスト解析をしてください。
レポートが正しく表示されない場合は、Task Historyを参照してください。
※正しくレポート出来ない場合は、サンプル解析サービスやお試しサポートサービスをお申込みください



⑥ ライセンス購入検討

テスト解析をして動作を確認されましたら、ライセンスのご購入を検討してください。